スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛹化にむけ、加温中

蛹化にむけ、3月6日から3日で1℃のペースで加温し、現在はクーラーの設定温度が23℃で菌糸ビンラックの温度が26℃前後で推移してます。
今期は♂、♀ともに羽化時期を5月末予定で同時に加温しており、暴れはあまりないように見えます。
菌糸ビンの劣化も現時点では少なく、ほとんどの菌糸ビンはきれいです。
20150330 加温中菌糸ビン-s

蛹化が始まってます。
20150330 加温中菌糸ビン2-s


今期のこれからの鉄則
①蛹化前の菌糸ビンを触らない
②蛹化した菌糸ビンを触らない。
③”蛹化した菌糸ビンの蛹化日を確認する”という名目で露天掘りをしない。
④羽化しても1ヶ月は菌糸ビンを掘らない。
⑤湿度管理の徹底
以前から①と④、⑤はほぼ守ってますが、昨年は③を守らなかったために蛹化前、蛹化中の個体に数多くの★を出してしまいました。



2015-16 8Bライン

2015-16シーズンの種親とペアリングを紹介いたします。(このペアが最後のペアです。)
今期♂種親8頭のうちNo.1~4が譜代の個体(数世代飼育した個体)、No.5~8が外様の個体です。

第8ライン
個体番号2013859542T07 79.0mm
Yasukongさんの1303ラインの幼虫を譲っていただき私が羽化させた個体です。
父方母方ともに祖父が前々ギネス86.6mmです。
79.0mmmと小さいですが、非常にかたちがよいことと
Yasukongさんの個体は小さくても大きな個体が産まれることを期待して種親に抜擢しました。
昨年我が家で羽化した86.8mmの種親もYasukongさんから譲っていただいた79mmの個体でした。
2013859542T07 790 01-s
2013859542T07 790 03-s
2013859542T07 790 02-s
2013859542T07 790 card

今期、この個体には2頭の♀とペアリングさせます。
2頭目は2014-15年8Cライン自然早期羽化の♀51.0mmです。
8B 201483348005 Card

系統図の表記を変更しました。
このペアもYasukong-Binnon-Anchorageakの系統のみの組み合わせです。
8B_20150329211722be4.jpg

2015-16 8Aライン

2015-16シーズンの種親とペアリングを紹介いたします。
今期♂種親8頭のうちNo.1~4が譜代の個体(数世代飼育した個体)、No.5~8が外様の個体です。

第8ライン
個体番号2013859542T07 79.0mm
Yasukongさんの1303ラインの幼虫を譲っていただき私が羽化させた個体です。
父方母方ともに祖父が前々ギネス86.6mmです。
79.0mmmと小さいですが、非常にかたちがよいことと
Yasukongさんの個体は小さくても大きな個体が産まれることを期待して種親に抜擢しました。
昨年我が家で羽化した86.8mmの種親もYasukongさんから譲っていただいた79mmの個体でした。
2013859542T07 790 01-s
2013859542T07 790 03-s
2013859542T07 790 02-s
2013859542T07 790 card

今期、この個体には2頭の♀とペアリングさせます。
1頭目は2013-14年Gラインの♀51.0mmです。
2013Gラインは里子に出したトシクワさんから86.0mmの個体が出てます。
8A 201381855516 Card

系統図の表記を変更しました。
このペアはYasukong-Binnon-Anchorageakの系統のみの組み合わせです。
8A_20150329203458075.jpg

2015-16 7Cライン

2015-16シーズンの種親とペアリングを紹介いたします。
今期♂種親8頭のうちNo.1~4が譜代の個体(数世代飼育した個体)、No.5~8が外様の個体です。

第7ライン
個体番号2013WC825GUL51001 84.0mm
父はワイドカウ様の前ギネス87.1mmの同腹兄弟82.5mm
マンティス&ガーバーのJu-tsu様から幼虫でいただいた個体(Ju-tsu様2013年A2ライン)を羽化させたものです。
Ju-tsu様は2013年A2ラインから★になってしまいましたが、86UPが羽化されてます。
WC825GL510 840A-s
WC825GL510 840B-s
WC825GL510 840C-s
WC825GL510 840Card

今期、この個体には3頭の♀とペアリングさせます。
3頭目は2014-15年5Aラインの自然早期羽化♀50.0mmです。
7C 201483756002 Card

系統図の表記を変更しました。
YG血統の中で様々な血筋の個体を混ぜるのも良いですが、
Yasukong-Binnon-Anchorageakの系統のみの組み合わせも貴重であると思います。
そのことがわかるように青系の色で表記してます。
銚子オオクワ、ワイドカウ様の系統は緑系の色で表示してます。
Gullさん個体は薄紫で表記してます。
7C_2015032901065588e.jpg

2015-16 7Bライン

2015-16シーズンの種親とペアリングを紹介いたします。
今期♂種親8頭のうちNo.1~4が譜代の個体(数世代飼育した個体)、No.5~8が外様の個体です。

第7ライン
個体番号2013WC825GUL51001 84.0mm
父はワイドカウ様の前ギネス87.1mmの同腹兄弟82.5mm
マンティス&ガーバーのJu-tsu様から幼虫でいただいた個体(Ju-tsu様2013年A2ライン)を羽化させたものです。
Ju-tsu様は2013年A2ラインから★になってしまいましたが、86UPが羽化されてます。
WC825GL510 840A-s
WC825GL510 840B-s
WC825GL510 840C-s
WC825GL510 840Card

今期、この個体には3頭の♀とペアリングさせます。
2頭目は2013-14年Vラインの♀53.0mmです。
2013Vラインは父方母方ともに祖父が前々ギネス86.6mmです。
7B 201380850412 Card

系統図の表記を変更しました。
YG血統の中で様々な血筋の個体を混ぜるのも良いですが、
Yasukong-Binnon-Anchorageakの系統のみの組み合わせも貴重であると思います。
そのことがわかるように青系の色で表記してます。
銚子オオクワ、ワイドカウ様の系統は緑系の色で表示してます。
Gullさん個体は薄紫で表記してます。
このペアも銚子オオクワ、ワイドカウ、Jutsu様系、Gull様系とYasukong-Binnon-Anchorageak系の組み合わせです。
ミラクル期待してます!
7B_2015032901065334f.jpg
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。