FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-16 1Fライン

2015-16シーズンの種親とペアリングを紹介いたします。
今期♂種親8頭のうちNo.1~4が譜代の個体(数世代飼育した個体)、No.5~8が外様の個体です。

第1ライン
個体番号201379254502
2013-14シーズンに86.8mmで羽化した個体です。
父方の祖父、母方の曾祖父ともにYasukongさんの前々ギネス86.6mmです。
父はYasukongさんから譲っていただいた1101の81.0mm
母は我が家の始祖個体82.5mmX前々ギネス86.6mmから生まれた早期個体49.0mmとのペアからうまれた825490ラインの個体です。
第2ラインの♂種親85.0mmと第3ラインの♂種親84.6mmとは従兄にあたります。
I02 201379254502 05s
I02 201379254502 04s
I02 201379254502 03s
I02 868 201379254502 card

今期、この個体には6頭の♀とペアリングさせます。
6頭目は先日オオクワ館アプロのアプロさんから送っていただいた早期羽化49.5mmです。
1F 2014840510APR01 Card

系統図の表記を変更しました。
YG血統の中で様々な血筋の個体を混ぜるのも良いですが、
Yasukong-Binnon-Anchorageakの系統のみの組み合わせも貴重であると思います。
そのことがわかるように青系の色で表記してます。
Gullさん個体は薄紫で表記してます。
Gullさんの♀個体は早期羽化個体が多いため累代が早く進み、先祖の親の数がどんどん増えます!
このようにしてみるとGullさんは特大個体を1頭だけ出すのでなく、複数輩出されてることがよくわかります。
銚子オオクワ、ワイドカウ様の系統は緑系の色で表示してます。
この♀種親の親(84.0mmと51.0mm)はGeen様がペアリングされ、アプロさんに幼虫が譲られ、早期羽化した個体だそうです。
84.0mmは2013年に87.3mmを出したGullさんの2012年2番の個体であり、51.0mmは2014年に87.0mmを輩出した2013年4番の早期羽化個体です。我が家の2014-2015シーズンの6B(Gullさん2012年12番の84.5mmX2013年4番早期羽化50.5mm)と非常に似たペアリングです。
♂♀とも2006,2007年ごろまでさかのぼればYasukongさんに辿りつく正真正銘なYG血統の個体ですが、遠縁なペアなのでミラクルが起きることを期待してます。
1F.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。