FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-16 1Aライン

2015-16シーズンの種親とペアリングを紹介いたします。
今期♂種親8頭のうちNo.1~4が譜代の個体(数世代飼育した個体)、No.5~8が外様の個体です。

第1ライン
個体番号201379254502
2013-14シーズンに86.8mmで羽化した個体です。
父方の祖父、母方の曾祖父ともにYasukongさんの前々ギネス86.6mmです。
父はYasukongさんから譲っていただいた1101の81.0mm
母は我が家の始祖個体82.5mmX前々ギネス86.6mmから生まれた早期個体49.0mmとのペアからうまれた825490ラインの個体です。
第2ラインの♂種親85.0mmと第3ラインの♂種親84.6mmとは従兄にあたります。
I02 201379254502 05s
I02 201379254502 04s
I02 201379254502 03s
I02 868 201379254502 card

今期、この個体には6頭の♀とペアリングさせます。
1頭目は昨年Yasukongさんから直接譲っていただいた53.0mmです。

昨年、頭幅が31.8mmもある87.3mmのゴツイ個体が羽化したそうです。
そのゴツイ個体の同腹兄妹を譲っていただき、86.8mmとぺアリングさせます。
頭幅が31.8mmもある個体なんて想像できませんが、どんな子孫を残してくれるのか楽しみです。

2013837537XX.jpg

系統図の表記を変更しました。
YG血統の中で様々な血筋の個体を混ぜるのも良いですが、
Yasukong-Binnon-Anchorageakの系統のみの組み合わせも貴重であると思います。
そのことがわかるように青系の色で表記してます。
Anchorageakの個体は2011年825490ライン、2012年825490ラインの子孫が多く、その先祖をたどると”前々々ギネス84.7mmの種親である80.1x51.0mm”の血が濃いです。
一方で、Yasukongさんのゴツイ系♀種親の先祖は”前々々ギネス84.7mmの種親である80.1x51.0mm”の血が薄いです。このような絶妙な組み合わせがYasukongさんの極意なのかもしれません。
1A_20150305083940a1e.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。