FC2ブログ

菌糸ビンの状態について

菌糸ビンの状態について

今期から菌糸ビンを交換する際、その状態も表記していきます。
現時点での評価基準は下記の通りです。
評価A 菌糸がきれいに回っており、外見上も劣化がないこと。

評価B 菌糸がきれいに回っているが、外見上では劣化が見られること。
しかし、中身はまだきれいに菌糸が回っている。

評価C 菌糸の劣化がかなり進む。上部は、菌糸が残ってなく、ボロボロ。
しかし、蛹室の周りは、菌糸がまだ残っている。

評価D 菌糸がなくなり、マット化している。しかし、蛹室は崩れてはいない。

評価F 菌糸がなく、マット化し、さらに蛹室の天井がない状態。

記録をとる最大の理由は羽化不全対策です。
羽化不全になるにはそれなりの理由があると思います。
よくあるのが
1 蛹室を底に作り、菌糸ビンを逆さにしないで羽化させたとき。
2 菌糸ビンに菌糸がなくなり、マット化され、さらに蛹室の天井が落ちたとき。
3 古い菌糸ビンで羽化まで引っ張った時。

以下は確証はないが原因の理由と憶測しているもの
4 水滴がついているぐらい菌糸ビン内、蛹室の湿度が高いとき。
5 羽化するときに空気の流れがない、もしくは良くないとき。
スポンサーサイト



THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム