FC2ブログ

出ました、38.8g

82550802 38.8g

本日から我が家のYG血統の幼虫3本目の交換です。
今回から全幼虫の画像を撮ってます。三脚を用意し、常に同じ状態で撮影、体重測定、頭幅計測の3つの作業を短時間で行ってます。なるべく幼虫に負担をかけないようにしてます。

本日、30本ほど3本目交換しました。
私は大量のYGの幼虫は今年が初めてなので、昨日までは30gの幼虫が出たたけで驚くレベルでした。
ところが本日まで累計36本の♂の3本目を交換しましたが、16本が30gオーバーでした。もう30g超えたものが出ても驚くことはなくなりました。
しかしその中からなんと38.8gがでました。
この幼虫は♂親はbinnon様に譲っていただいた82.5mm(今年の♂の種親はこの1頭のみ)x♀親もbinnon様に譲っていただいた50.8mm(同腹兄弟のペアです。)
菌糸ビンは1、2本目ともに菌糸体培養センター福島さんのB typeです。
5/28割り出し、1本目投入、8/18に2本目投入30.7g頭幅13.0mm、11/26に3本目投入38.8g頭幅13.4mm
頭幅が0.4mmも増えるのは考えにくく、おそらく2本目投入時に計測ミスをしたのだと思います。8/18の2本目投入時、30gを超えたことに非常に驚き、動揺したのを覚えてます。
この幼虫は頭幅も13.4mmもあるのでもうこれ以上体重は増えずになんとか無事に成虫まで育ってほしいです。
今年はBekuwa40号から読み取ったYasukong様の年間スケジュールに限りなく近づけて育ててます。4本目はダルマビンではないのですが2200ccの菌糸ビンにいれて大事に育てます。

これに次いで35.3gが同じ♂親で♀親が51.5mm(Yasukong様から直接譲り受けた前ギネス86.6mmの子を種親に使用)から出てます。この系統はまだ5本しか交換してませんが4/5が30g越えです。

同じ♂親で♀親が49.0mm(Yasukong様から直接譲り受けた前ギネス86.6mmの子を種親に使用)の系統は4/8が30g越え

同じ♂親で♀親が52.5mm(binnon様から譲っていただき、binnon様お気に入りの2010D系統の子を種親に使用)の系統は3/3が30g越え

同じ♂親で♀親が50.8mm(binnon様から譲っていただいた同腹兄弟ペア)の系統は38.8gを筆頭に5/12が30g越え

同じ♂親で♀親が49.3mm(binnon様から譲っていただいた異腹兄弟ペア)の系統は成績が悪く、8頭中、30g越えは0です。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム