FC2ブログ

産卵セットを組んだ場合の一日あたりの平均産卵数

本日は、産卵セットを組んだ場合の一日あたりの平均産卵数を考えてみます。
なぜこんなことを考えたのかといいますと、昨日ブログで表記した通り、2013-14シーズンは、無謀にも23セットも組む予定です。
一方で、一組当たりの理想的な幼虫数は20(♂10,♀10)です。
ということは、20÷一日あたりの平均産卵数=産卵セット期間になります。
以上のことを思いつき、過去四年間の結果を調べてみました。
2009-2012 産卵孵化個数
注意事項:上記の産卵数は、厳密には産卵数ではなく、初令で産まれ、菌糸ビン一本目投入まで生き延びた幼虫の数です。孵化しなかった卵、私の不注意で★にしてしまった幼虫は含まれてません。
最初の一年目は、オオクワの知識ほとんどゼロでやっているので、データの対象外とします。また、2012-13シーズンにbinnonさんからお借りした個体の産卵セットも時期が異なるので対象外です。

上記の結果をみると、我が家の一日あたりの平均産卵数は、0.97でした。
意外だったのが、2011-12シーズンより、2012-13シーズンの方が、産卵数が多かったということです。
また、825x525の組みは、二年続けていかに少なかったかがよくわかります。
結論として20÷0.97=20.52となり、2013-14の産卵セット期間は21日となります。

2012-13シーズンは一個も幼虫が取れなかった♀が11組中4組み(36.4%)ありました。
2013-14シーズンも同じようにあると思いますが、"ボウズ"を意図的に狙っているわけではありません。
どの組みも幼虫がとれるように、最善を尽くします。ゼリーも産卵材もマットもケチらないです。
計算通りいくはずありませんが、仮に計算通りだとすると23組x63.6%x20=293頭
もしも、全部取れてしまったら23x20=460頭です。
私にとってこの数は、正気の沙汰ではないレベルです。
スポンサーサイト



THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |

COMMENT

初めまして

面白いデーターですね。
自分はデーターを出した事は無いですが、50mm以上の♀で1日1個
50mm以下の♀で2個~3個と感じています。
しかし55mm以上の♀を2ヵ月の産卵で100頭幼虫を回収するつわもののグループもあります。
産卵期間は2週間で10個~20個を2セット組みます。
産卵期間を2週間にしているのは2週間で産卵木を卵があるかチョイ割します。
まったく卵が無い♀は再ペアリングして2週間産卵させます。
しかし卵が無い♀は、再ペアリングしても意外と産卵はしないです。
2週間で割り出すのは幼虫のスタート時を一緒に管理したいので、2週間と区切っています。
飼育するのは1ライン10頭~20頭で総数90頭位しか飼育出来ないので、沢山採れた幼虫はプレとかに出したり、クワ友さんに飛ばしたりして飼育数は調整しています。
もし良かったらこれからもコメ入れさせて下さいね。

コメありがとうございます。

Paxさん
このデータに共感して下さりありがとうございます。
私もちょい割はするのですが、爆産♀でない限り、なかなか確定できないところがあります。
23♀セット組みし、取れなかった♀はもう一回だけ組むつもりです。
今後もコメ書き込み、よろしくお願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム