FC2ブログ

2013-14シーズンの種親の紹介03

2013-14シーズンの種親の紹介です。
個体番号201182549010
s-201182549010.jpg
201182549010card.jpg
系統図は以下の通りです。825490系統図
前ギネス86.6mmの孫です。
この個体は825490ラインの羽化個体のなかでわが家の86.6mmに次ぎ、2番目の大きさで羽化した個体です。。(ちなみに3,9番目がBinnonさん宅へ婿に行ってます。)
825490のラインは顎が真っ直ぐ伸びる個体が多いです。
頭幅も29.3mmあります。
幼虫の最大体重が31.0gしかなく、4本目で30.0gしかなかった幼虫が84.4mmで羽化してます。
種親として非常に期待している個体です。
ペアリングは201182550822(54.0mm)と201186653601(53.0mm)を予定してます。
スポンサーサイト



THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |

COMMENT

こんばんは♪

初めてのコメント、失礼いたしますm(__)m

この♂親のラインは、凄く楽しみです!
幼虫体重が大きくなり過ぎずに、大きな成虫に羽化する系統のようで、
このラインで幼虫が35gくらいまでいけば、ギネス超えるのではないでしょうか?

こんにちは。

こんにちは。
能勢YGは顎が細い感じがしますが、これは太くて格好良いですね。
幼虫体重より大きく羽化する血統は非常に大事だと思います。
血統図自分は苦手で全然作っていません。
Binnonさんの血統は大きくなりますよね。
Binnonさん最近ブログのUpも無いので飼育止めてしまったかと心配に思っていたのですが続けているのですね。嬉しいです。

82549010

皆様、コメントありがとうございます。
この固体が良いとか書き込みしていただけると、非常に参考になります。
ありがとうございます。
Binnonさんの系統のYGは、幼虫体重が小さいものから、大きく羽化する個体が多々出現していると思います。2011-12シーズンの種親81.0mmも幼虫体重は22.95gしかなかったです。またこの個体と同腹で我が家での最高記録である故86.6mmも最大が33.3g, 4/8に五本目投入したとき、29.8gしかありませんでした。
能勢YGは顎が細い感じとありますが、そういう個体もあると思います。
でも、yasukongさん、binnonさんの個体はどれも立派ではないかと思います。
このブログタイトルでもある、"先祖の血筋を大事に守る"=このyasukong-binnonラインの血筋で基本はブリードを続け、立派な個体を羽化させることを目標にしたいと思います。
最後に、binnonさんへ、
私だけでなく、皆さんブログの再開を期待してますよ!

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム