FC2ブログ

シリーズ我が家のオオクワガタ飼育用品16

シリーズ我が家のオオクワガタ飼育用品16
第16回目は、エタノールです。
エタノールs-
左は、純度が高いエタノールです。千円近くしました。
右は、純度か低いよくあるタイプです。プッシュと出すだけなので使い易いです。
菌糸を詰めるとき、必ず右のエタノールで一回プッシュと出し、ウェットティッシュで拭いてから菌糸を詰めてます。拭いたあと、菌糸ビンの臭いを嗅ぐとエタノールのツーンとした臭いが襲いかかります。
何度も嗅ぎすぎると翌日、鼻の奥が乾燥状態になってしまいます。
エタノールで除菌するのは、あとで青カビが生えてきたときに後悔したくないためです。
実際には、エタノールで除菌しても青カビが生えるときは、生えます。
青カビが生える条件
1 菌糸ビンの中央をドリルで掘り、幼虫投入後、掘り出てきた菌糸をもとにもどしてます。
この戻しをすることにより、菌糸ビンの中央が幼虫の体積分こんもりと盛り上がる。
2 温度差が大きい秋
3 雨が数日続く
4 菌糸ビンの蓋に水滴が付く
以上の条件がそろうと青カビが生え易い。
今後の対策として、1の菌糸がこんもりと盛り上がる状態にならないようにします。
また先日、気付いたのですが、菌糸ビンをラックに並べた場合、二段目以下は、上に菌糸ビンがあるので蓋に水滴があまりつかない。しかし、一番上の菌糸ビンは天井まで空間があり、そのことが原因で温度差が生じるのか、蓋につく水滴が非常に多い。そのため、青カビ発生率も高かったです。。
スポンサーサイト



THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |

COMMENT

No title

はじめまして~(^o^)v 教官てす。我が家も同じエタノールを使ってます。
最初の頃は、気を使ってスプレーしてましたが、最近は何もしません。
特にカビ発生もないので、いいかな~と、思ってます。
また、おじゃまします~\(^_^)/

教官さんへ

教官さん、ブログをみていただきありがとうございます。
私も以前は、師匠から青カビにやられるような菌糸ならそんなのはダメだと言われてました。しかし、どうも現在のクワ部屋は(菌糸のメーカーに関係なく、)秋と春の青カビに弱いようです。今後もよろしくお願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム