スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ我が家のオオクワガタ飼育用品 06

シリーズ我が家のオオクワガタ飼育用品
第6回目は、菌糸です。
私は、3期連続で、菌糸体培養センター福島製の菌糸ブロックをつかってます。
きっかけは、師匠のBinnonさん御用達だからです。
使い続けている理由は、
1 同じ菌糸を使い続けると良いという通説に従ってるから。
2 2011-2012シーズンで、86.6mmを筆頭に84,83,82mmの個体を生み出す菌糸であることを体感したから。
基本は、Btypeですが、在庫がないとB100です。(つまり、あまりこだわってないので、在庫あるもので行ってます。)菌糸体培養センター福島さんは、2ケース(=10ブロックx2)発注すると運賃がタダになります。

今期から、恵裁園のヒマラヤ菌も使ってます。
きっかけは、今期の一本目を作るときに菌糸体培養センター福島さんが工事のため、菌糸の入手ができなかったため。
またそのとき、binnonさんに教えていただいたことがきっかけです。
恵裁園さんは、おまけをつけてくれます。たいてい、1ケース(=12ブロック)頼むと菌糸ブロック1個おまけでつけてくれます。太っ腹です。
himaraya菌
himaraya菌02

今期は、この二社の菌糸を使い、成績に差が出るか実験してます。
今のところは、なんとも判断し難いです。やはり羽化してからでないと判定はできないです。

スポンサーサイト
THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【シリーズ我が家のオオ】

シリーズ我が家のオオクワガタ飼育用品第6回目は、菌糸です。私は、3期連続で、菌糸体培養センター福島製
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。