スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産卵セットの中間報告

産卵セットの中間報告

今期の産卵セットは下記のペアです。
2014-15産卵セットs
このうち赤字で表記しているペアは卵の確認ができたペアです。
オスは9頭使ってますが、全て、種を持っていることがわかり一安心です。
産卵セットは神長さんのEカワラとSLを800ccの菌糸ビンに自分で詰めたものを使ってます。
♀は産卵セットに入れると坑道を掘り始めますが、Eカワラの方が坑道を掘るスピードが早く、800ccの場合セット期間は二週間までと思います。これ以上セットすると、全ての菌糸を食い荒らしてしまう感じがします。
Eカワラのほうが坑道を掘るのが早く、卵を産みつける確率も高いと思います。

高確率で卵がとれていることと卵があるのかないのかが簡単にわかるので、この神長製の産卵セットは非常に有効と思います。
逆に言うとEカワラでセットして卵が取れない場合はペアリングに失敗したか、♂、♀どちらかに種がないと判断してよいと思います。

また、表の下部1/3は早期羽化個体です。これらの早期羽化ペアに産卵の確認がとれていない為、現在再度のペアリングを行ってます。
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。