スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ横浜在住のKさんはすごいんです。

先週土曜日、同じ横浜在住のKさんに予約いただいたペア二組を引き取りにきていただきました。追加で♂も一頭お買いあげいただきました。Kさんにはすでに3ペアお譲りしているので今回で計5.5組です!!

Kさんのすごいところは、このお買い上げ数だけではありません。
今期お譲りした、ペアの08,10の♂は5/24羽化,ペア04の♂は5/30羽化なのですが、9月にはペアリングをされ、ペア04からは33頭、ペア10からは23~25頭の幼虫を得ていらっしゃるとのことです。

Kさんのクワガタ飼育は、10年以上もあり、以前はアンタエウスを手がけていたそうです。
クワガタを手にとる手つきも"プロ"という感じです。
現在は、YGに力をいれて飼育されていらっしゃるのですが、ペアリングする時期にとらわれない、羽化して3カ月でペアリングするなど、オオクワガタ飼育の常識にとらわれないKさんの飼育方法から目を離せません。

そのKさんから貴重な幼虫をいただいてしまいました。
加藤795x505As-
ワイドカウさんから直接譲っていただいた個体の幼虫とのことです。
さっそく系統図を作成してみました。
795505k様系統図
もしも間違いがございましたら、ご指摘ください。
Widecowさんのギネス個体と異腹の兄妹が親ですね。

私は幼虫をいただくと非常にうれしいです。なんといっても幼虫には可能性が秘めてますからね。重さが小さい個体でも大きく羽化する個体はいますからね。
実はこのラベルにもKさんのすごいところが如実に表れてます。1本目投入(6/3)後、わずか40日(7/16)で2本目に投入されているんです!
もう3本目に交換しなければならないのですが、菌糸ビンができあがり次第交換したいと思います。
Kさん、今後もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。