スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クワ部屋の紹介その5


どうやっても画像を90度回転することができず見づらくて申し訳ございません。
こちらは(株)ピカコーポレイションのコレクションケースでもあり、園芸用温室でもある、クワ用温室幅85.2×奥行43.5×高さ150.0(cm)です。
以前はこのケースに夏は三階松さんのクーラーを取り付け、冬はマルチパネルヒーターで温度管理してました。今後はこのクワ部屋内でさらに温度差を出したいとき用に使おうと思ってます。
現在は空のボトル収納ケースになってます。
スポンサーサイト

クワ部屋の紹介その4


こちらは左側のラックです。
一番上の段はヘラクレスヘラクレスの幼虫がいます。1頭でQBOX50かそれよりおおきいケースに入れてます。
100均で売っている布団を収納するカバーで包んでます。これで包むことでコバエが大量発生したとしてもこの布団カバーからは脱出できないので、拡散しないで済みます。超おススメです。
2段目、3段目は生体(ほとんどオオクワです。)
♀はクリアボトル800cc、♂はクリアボトル1100cc、♂種親はクリアボトル2200ccで管理してます。

クワ部屋の紹介その3



ラックはホームエレクターW1200xD450xH1900を2台並べてます。
このホームエレクターはちょっと高いのですが①品質がよく、購入してから10年ぐらい経っていると思いますが全く支障がありません。錆びて固まった場合は油をさせばOKです。
W1200xD450で菌糸ビン1400ccなら3x9=27本、800ccなら4x11=44本並べることができます。
ラックの下から菌糸ビンの底の状況が見えるので底部の食いあげ状況が把握できます。

クワ部屋の紹介その2


電灯はもとからありましたが、電源コンセントはありませんでした。
エアコンを購入し、エアコンを設置する業者さんに、電灯の電源元からクーラー用の電源コンセントを取り付けてもらいました。ちなみにこの工賃は5250円でした。

エアコンはヤマダ電機で買いました。価格.comで勉強しないで行っていったしまったため、ヤマダ電機にいた富士通派遣の店員さんから富士通のASZ22Aを買わされてしまいました。機能的には今のところ問題ないです。

現在は部屋内温度を20度にしようと思ってますが、このところのポカポカ天気のため、エアコンを19度に設定しても21度ぐらいになってます。エアコン設置前は室内の上部の温度が中央あたりより1度前後高かったのですが、設置後は均一になってます。1日の電気代は現在だと20円ぐらいです。

クワ部屋の紹介その1


先月、引っ越しをし、念願のクワ部屋が確保できました。
本日はそのクワ部屋の紹介です。
まず、部屋の立地です。
戸建の家の下に駐車場があり、その横に物置部屋がクワ部屋です。
方角は北向き、縦3.4m、横1.9m、高さ2.1m,壁は2面がコンクリート、残り2面が石膏ボードに囲まれてます。
窓が1面ありますが、100均でも売っているアルミ遮熱断熱シートで塞いおり、電気を消すと真っ暗になります。
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。