スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシ

今年もカブトムシは、我が家の庭から大量に飛び立ちました。

また、産み付けに戻ってきてくれるとは思いつつも、
戻らない場合も備え、5♂x10♀に産卵セットを組みました。
ペアリングは、1♂x2♀を同時にケースにいれこみました。
カブトムシの♂は産卵の意欲がものすごく、人間の視点からみると♀がかわいそうなほどでした。
これだけすれば十分でしょと思い、一週間で産卵セットを修了

バナナをエサに二週間産卵セットを組みました。

一組爆産し約30の卵か幼虫、4組が15頭前後、卵か取れなかった組みも半数ほどありました。
これらはすべて、我が家のカブトムシフィールドに放逐し、クワの使用済み菌糸で大きくなってもらいます。
ちなみに役目を終えた♀も放逐したので、もしかしたら引き続き産卵してるかも。

これとは別に一組だけ、赤系の♂カブトムシと赤系の♀カブトムシでかけたものがおります。
このペアは近くのペットショップの青葉インセクトさんからのリクエストで組んでます。
かなり紅くないといけないらしいのですが、紅いのは人気があるとのこと。
この赤ペアは3,4週間セットし、29幼虫プラス10卵の爆産状態でした。これらは庭に放逐せず、プラケース飼育をする予定です。

最後に我が家のカブトムシフィールドですが、予定通り、マイ産卵セットの幼虫でない、ワイルドの幼虫が
ウジャウジャいました。母♀は自分が育ったところは忘れないのですね!



スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。