スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期のペアリング方法とセッティング方法

まだ、幼虫の回収ができたわけではありませんが、今期のペアリング及び産卵のセットの成功率には、自分でも驚いてます。
来年になると忘れてしまいそうなので、記述しておきます。
ペアリングは、四月の第一、第二、第三、第四週に行い、1ペアにつき7日間同居させました。
四頭の♀とペアリングした♂は、第一週に一頭目、第二週に二頭目という順でセットしてます。
ペアリングに使用したケースは、♂の住まいであるコバエシャッターの小
♂の住まいなので、大きめな樹皮+ウッドチップ+ドルクスルームのクヌギ100%粗目マットが入ってます。 

産卵セットは
1. ドルクスルームのクヌギA2L材x14本を20リットルのミネラルウォーターに一晩浸す。
2. 翌朝、日陰で風通しが非常によいところで影干し、樹皮剥がし。
3. オオクワキングの菌糸カワラ材x4, 恵裁園の菌糸カワラ材x1の樹皮剥がし。
4. コバエシャッター小に、川口商店のクワガタマット+上記産卵材x19本をセット。
川口商店のクワガタマット1袋8Lでコバエシャッター小の産卵セットx3作製できます。
材が動かないように材とコバエシャッター小の間にマットを堅く詰めました。
今期は、産卵材は一本だけにしました。理由は爆産されると困ることと材割りする際1本なら25本で済みますが2本だと50本になるためです。。

環境
エアコンで24度前後に管理されたクワ部屋
私が入るとき以外は日中でもほとんど光が入らない暗いところ。
サーキュレーターがあるので空気の流れはそこそこあると思います。
スポンサーサイト
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |

監視ペアリング

今週末もwaizuさんの監視ペアリング実践です。
今回は1100ccのクリアボトルを使い、直径10.5cmの底紙に晒しを巻きました。

今週は7ペアなので、前半4ペア、後半3ペアで行いました。
前半の4ペアは、作業机の上で行いましたが、どれも交尾しません。

先週は、床の上でペアリングしたことを思い出し、後半の三ペアは、床で行いました。
すると三ペアとも成功です。机の上だと私の視線が常に感じられ、ペアリングが進まないのかもしれません。
後半の三ペアは、ゼリー交換作業をしていたので、臆病なオオクワガタは交尾の時も、他人の視線がないほうがいいのかもしれません。

来週は、11ペア全て、床置きにし、遠い視線になるようにします。

監視ペアリング

先週末からペアリングを開始してます。
いままで、ペアリング=1週間ほど同居させるでした。
しかし、waizuさんの監視ペアリングを拝見させていただき、即実行いたしました。
まず、waizuさんの画像を見るとクワガタはクリアかガラスの器の中で”何か”の上にのってます。
この”何か”はキッチンペーパーであると思い、段ボールに巻きつけることを考えました。
また器は2200CCのクリアケースを使いました。
クリアケースの底の型を取ります。少し小さめに切り抜きます。
この際、段ボールの折れ目が入るように切り抜くと菌糸ビンに入れるときに便利です。
抜き型s切り抜いたらキッチンペーパーで巻きつけ、テープ止め
裏s表はこんな感じです。
表sクリア菌糸ビンにいれます。
入れたところs3ペアを実験してみました。
このうち♂2頭は先週からペアリング開始し、残り1頭が初ペアリングです。(ただし3頭とも本日の♀は初お目見えの相手です。)先週からペアリングを開始した♂はなかなか交尾しません。waizuさんとなんか違うなと思いながら、3頭目を開始したところ同居させてから数分で交尾開始です。(下記の画像は交尾中ではないですけど、、)
ペアs
30分同居させたところ、1回あたりの交尾時間は短かったです。しかし何回も交尾をしていたのでこのペアは確実に成功です。この♂はあと2頭の♀とペアリング予定ですから、もしも卵が取れなかった場合、原因が♂なのか♀なのかがはっきりとわかります。waizuさんがお勧めする理由が身をもって体感できました。
交尾に成功した♂は”交尾が上手”という表現がぴったりと思いました。♀は”交尾を受け入れた♀”という表現があう気がします。最初はちょっと♀殺しをするのではと危なっかしいところもありましたが、中盤以降メスはおとなしく”受け入れてました”。また最後の交尾のとき、♀もいいかげん飽きたのか、イヤなのか、合体している最中に♂から去ろうと動き始めました、そのとき♂は諦めず合体しながら♀に付いていくというおもしろい現象もありました。
ちなみに交尾をしなかった♂は、先週ペアリングした♀も再投入しましたが、これも交尾しませんでした。
このうち1頭の♂は、途中からキッチンペーパーをむしることに気が行ってました。いずれにしろ、”交尾が下手”なのか”関心がないのか”それとも”♀がイヤ”なのかなと思いました。
交尾をするペアは頭の向きが同じ方角を向きますが、交尾をしないペアはケースないをぐるぐる回り、頭と頭をくっつき会わすことを繰り返してました。
最後に今回は2200CCを使いましたが、大き過ぎと思います。来週は1400ccでやってみます。
THEME:クワガタ・カブトムシ | GENRE:ペット |

2013-14シーズンのペアリング

2013-14シーズンのペアリングの最終組み合わせです。
2013-14 ペアリング
2013の産卵セットは5/4~5/25の21日間を予定
2013の種親♀の頭数は25頭
2009~2011までに組んだ10ペアはすべて卵が取れましたが2012は11ペア中7ペア卵が取れました。=64%
過去3年間16ペアの1日あたりの産卵数は0.97個

ということで過去のデータ通りであるとするならば、2013の幼虫数は21x25x64%x0.97=325.92頭になります。2012-13シーズンの幼虫は170頭なので、こんなにできるのかちょっと心配です。
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。