スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回産卵セットの結果

第一回産卵セットの結果

今期は29ペアセットし、 ベアから幼虫が取れました。
結果は以下の通りです。
2014-15産卵セット 1回目s
29ペアのうち、9頭は早期羽化個体です。
この早期羽化のなかでも
昨年羽化した♀4個体はペアリングに成功し、
今年羽化した♀5個体は全て失敗した感じです。

そこで今年羽化した♀5個体のデータは除き、産卵セットを分析してみました。

この結果をみると
Eカワラは16セット中11セットから幼虫がとれ(69%)、11セットの平均は8.2頭
SLは8セット中7セットから幼虫がとれ(88%)、7セットの平均は7.6頭

その他の特色
1. クリアボトルに手詰めすると1ペアあたりの産卵セット代は安い。
2. クリアボトルを使うと、卵が見えるので♀が卵を有するのか早い時点で確認ができる。
3. 割り出しも材割に比べると格段に楽である。
IMG_1101As.jpgIMG_1103As.jpg
IMG_1105As.jpg
4. 画像のように、菌糸が劣化したように見えるセットほど、幼虫の数が多い。劣化しているように見えるのは、孵化した幼虫が菌糸を食べているため。
5. 卵が菌糸に巻かれてしまい、孵化しないことも危惧したがそのようなことはないように思う。
6. 菌糸の中で孵化したのでその後の成長が早い
7. 菌糸の産卵セットなので、害虫の侵入がなく安全、また産卵材としての品質、出来具合に差がおきないので卵がなかった場合、産卵セットに問題があるのでなく、♀親に問題があると判断することが可能である、
8. 800ccを使うと、細く、狭いので♀が坑道を掘りつくすのも早い。
そのため、二週間以上のセットは難しいと思う。セット期間が二週間なので爆卵は難しい。
確実に12頭以下の幼虫を取りたい場合には、大変有効な産卵セットと思う。
1400ccを使えば、幼虫の数を増やせるかもしれない。

スポンサーサイト

産卵セットの中間報告

産卵セットの中間報告

今期の産卵セットは下記のペアです。
2014-15産卵セットs
このうち赤字で表記しているペアは卵の確認ができたペアです。
オスは9頭使ってますが、全て、種を持っていることがわかり一安心です。
産卵セットは神長さんのEカワラとSLを800ccの菌糸ビンに自分で詰めたものを使ってます。
♀は産卵セットに入れると坑道を掘り始めますが、Eカワラの方が坑道を掘るスピードが早く、800ccの場合セット期間は二週間までと思います。これ以上セットすると、全ての菌糸を食い荒らしてしまう感じがします。
Eカワラのほうが坑道を掘るのが早く、卵を産みつける確率も高いと思います。

高確率で卵がとれていることと卵があるのかないのかが簡単にわかるので、この神長製の産卵セットは非常に有効と思います。
逆に言うとEカワラでセットして卵が取れない場合はペアリングに失敗したか、♂、♀どちらかに種がないと判断してよいと思います。

また、表の下部1/3は早期羽化個体です。これらの早期羽化ペアに産卵の確認がとれていない為、現在再度のペアリングを行ってます。

産卵セットの様子

5/3から産卵セットx28♀組んでます。
今回はすべて神長きのこ園製のEカワラもしくはSLを自分で800CCに詰めたものです。
コバエシャッター小にクヌギ100%粗目マット(自然発酵済みタイプ)を敷き、その上に
EカワラもしくはSLの菌糸ビンを置いてます。

神長さんで紹介されているように、菌糸ビンの蓋に穴をあけることができないので、蓋は外し、
ドリルで穴を開けてます。
IMG_2186s.jpg
穴を開け余った菌糸とクヌギ100%粗目マットを使い、菌糸ビンが安定するように隅を詰めてます。
♀を穴に突っ込むと中に潜りこみます。
IMG_2185s.jpg
しばらくすると
IMG_2183s.jpg
さらには
IMG_2184s.jpg
こんな感じでなかの菌糸をかき出します。ゼリー食えるのか心配になってきますが、大丈夫でしょう。

全頭、菌糸ビンに潜っているのでとりあえずは一安心です。
産んでくれるといいのですが、、、
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |

今期の産卵セット

今期の産卵セットは
1. 神長きのこ園のSLとカワラEのブロックを購入し、800ccの菌糸ビンに詰めたものx31本
2. オオクワキングの爆卵棒x3
3. 港南台のKさんからいただいた北斗恵裁園のカワラ材x1
4. Dorcus roomのカワラ材Sx3
を使います。一ペアにつき、10頭取れれば十分なので、どれも小さいサイズにしてます。
爆卵棒とカワラ材は、幼虫が取れすぎても困らないgullさん個体に使おうと思ってます。

神長製の産卵セットを使う理由ですが、
1. 昨年、神長製の産卵セットを使い、卵を持つ♀個体は産みつけることを確認したこと。
2. 割り出しは、神長さんのように五分ではできないが、材よりは短時間でできる。
3. 菌糸なので、極小のつぶに分解でき、卵の見落としがないこと。
4. 自分で詰めれば、1本あたりの価格は爆卵棒、カワラ材より安いこと。

カワラ材を使う理由は、
1. 産卵木よりも産みつける確率が高いこと
2. 害虫がいないこと。
ただし稀に材が硬過ぎると産まない。

クヌギの産卵木は、
1. 産みつける確率は高いと思いますが、稀に非常に硬いものがあり、硬過ぎると産まない。
硬過ぎる=割り出しのとき、木を割るのが非常に困難でノミを使ってもほとんど進まないもの。

どれが一番良い結果を出すのでしょうか。
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |

幼虫の割り出し

先週末は幼虫の割り出しでした。
以前にほとんどのペアから卵を確認できていると書きましたが、
実際に割り出しすると、未受精卵?ばかりとか、卵があったはずなのにないとか、
とにかくボウズの材が数本ありました。
このボウズの産卵材は三本が菌糸カワラ材で残りがドルクスルームの2L材です。
これらにボウズの産卵材共通したのが、"材が硬い"です。ノミを使うのですが、全然割れず、手、腕、肩が痛くなるほどでした。

一方で一番爆産したのは、21日で28個産みつけました。
幼虫が比較的多く取れた材に共通することが、柔らかいです。
いい感じで湿っており、手でも割ることができるくらいです。

産卵材を水につける時間は長いほうが良い気がします。

幼虫が取れないもしくは極端に少ないラインが7あり、そのうち5ラインはどうしてもとりたいので再度セッティングします。材がガチガチでなければ、どれも産みつけてくれそうな気がします。
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。