スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86.8mmが出ました。

わが家で86.8mmが出ましたのでご紹介いたします。
201379254502 計測01s
201379254502 計測02s
ノギスにあてながら、顎を伸ばし、撮影するのは至難の業ですね。
息子に撮影をまかせ、なんとか撮りました。
20137925450203s.jpg
20137925450204s.jpg
この86.8mmの個体は非常に大人しく、撮影中も動かないので非常に撮りやすかったです。

86mmオーバーは自身2頭目ですが、前回は不注意で羽化後に☆にしてしまいました。
2年ぶりに手にした86mmは迫力が違います。1頭だけ違うクワガタがいる感じです。

86.8mmのデータは以下の通りです。
種親♂79.2mm(幼体重25.5/27.6g,)(前々ギネス86.6mmx♀53.3の子で、yasukongさんから成体を譲っていただきました。)
http://anchorageak.blog.fc2.com/blog-entry-198.html 参照ください。
種親♀201182549029:54.5mm(幼体重15.7g,幼頭幅11.0mm)同腹に86.6mmが出たラインの上から5番目の♀

ペアリング期間 4/20-4/27
セット期間   5/2-5/25
割り出し     6/15
1本目      6/15 S4
2本目      9/14 S4 体重20.4g 頭幅13.7mm(驚異のでかさ)
3本目      12/30 S2 体重34.3 頭幅13.7mm
羽化       5/28 86.8mm

79.2mmの親から86.8mmが産まれたことは驚きです。
母親はわが家のエースライン825490の子です。わが家で成績がよいのはどれも825490の子を母親にもつラインです。
79.2mmはギネスの子なので良い血筋をもつ者同士でかけあわすとこのような奇跡が起こるということですね。

また、この個体は菌糸ビン2本目交換時はたったの20.4gですが3本目交換時で34.3gと13.9gも増加した後半で伸びるタイプです。Yasukongさんの前々ギネス、わが家で2年前に出した86.6mmも後半に伸びた個体でした。

1本目で幼虫体重を大きくすれば、大型個体を出す確率は高くなり、有利であることに間違いはないと思います。
しかし、3本目交換時で大きく伸びた個体はものすごく大きな可能性を秘めた個体であることも間違いないと思います。

幼虫の頭幅は年々増加してますが、13.7mmはわが家ではトップの大きさでした。
スポンサーサイト

♂は前蛹、蛹化中

2013-14シーズンの幼虫達は続々と蛹化してます。
過去二年は、2月から3月にかけてが青カビとその後の暴れ、コバエというトラブルに見舞われましたが、
今年は、今のところトラブルがありません。一見暴れに見えるものも、菌糸の劣化か、もしくは蛹室探し中のようで、
まだ、暴れが原因で取り替えたものはいません。
20140419 蛹化中のラックs

H06 313gs
E01 335gs
この菌糸も劣化はひどいですが、暴れずに33.5gが蛹化してくれました。
ここまでは順調なので、なんとか2年前に出した大台の86.6mmを超える個体が出てきて欲しいと願ってます。

春の珍事です。菌糸ビンをかじる個体は多々おりましたが、
H02 328g 穴空きs
穴があいてます。
穴空きs
こちらも穴が空いてます。



THEME:YG血統 | GENRE:ペット |

♂の四本目交換

先週末から♂の四本目交換を行ってます。
毎年、この時期の菌糸は青カビに悩ませられるのですが、
今年は大丈夫そうです。

♂の四本目交換を行う理由は、
1. Yasukongさんが四本交換をされているから。
2. 三本目投入から五月の羽化までは菌糸が持たないため。
3. 四本目まで菌糸を詰めるのは、資金面でも大変ですが、キレイな個体を産み出すため

現在、我が家にある菌糸ビンの8割は非常にキレイな状態で、2割ぐらいが劣化し始めてます。
昨年も同じ時期にキレイだから交換しないでいいやと思ってましたが、2月、3月と時が経つにつれ、劣化はどんどん進み、結局ほとんどの♂を交換しました。ですから今年は予定通り交換します。

三本目交換時、コバエ&劣化で体重減が続出しましたが、今回の四本目交換では、体重減より、増加の方が多い気がします。我が家では40gの幼虫は無縁の世界ですが、後半に体重が増えていく個体を私は重視してます。
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |

四本目の菌糸ビン作成

先週末も♂の四本目の菌糸ビン作成いたしました。
10ブロック、蓋なし重量850gで約31本、菌糸ビンの肩口よりやや下のあたりまで詰めなので
私の感覚としては、超硬詰めでなく、並の硬詰めという感じです。

先週末に詰めた菌糸ビンは一週間しか経っていないのに菌糸が周りました。
Fe3+のおかげでしょうか。

今週末から♂の四本目交換をいたします。
今回は前回のようなコバエにやられた菌糸ビンはありませんが、
体重は減ってしまう個体がほとんどと思います。
しかし、過去3年の飼育データから四本目の体重減は羽化サイズに影響はしないと思ってます。
体重減を気にするよりも、いかに羽化するまで菌糸の状態をよい状態に保つかに気を配るべきと思ってます。
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |

♂の四本目作成

先週末は、クワ部屋の大掃除をいたしました。
我が家の下に駐車場があり、その横にある物置がクワ部屋になってます。
ダニを一日だけでも一掃しようと思い、メタルラック以外は全て部屋から出して、掃除機を使って床を掃除しました。
掃除機はハウスダストを感知すると赤く光る機能があり、
菌糸ビンのメタルラックの下が一番反応しました。
やはり菌糸瓶からかなりのダニが出ていますね。

クワ部屋を一掃した後、オスの四本目の菌糸ビン作成を行いました。
こちらは何時もの通り、小5の息子に強制参加させて10ブロックで1400ccの菌糸ビンに容器込みで860gx31本生産しました。
最近は、菌糸ビンを肩口まで詰めてません。菌糸ビンの劣化は肩口から起きることが大半なので、幼虫投入時にドリルで掘った余りの菌糸(=菌糸ビン中央の菌糸)を使って肩口を指先で押し詰めてます。
このようにすると、無駄な菌糸も出ず、少ない量で多くの菌糸ビンが作れるのではと思ってます。

ちなみに強制参加させた息子には、おもちゃを買ってあげるという条件で参加させてます。
来週はその代償を支払わねば!
THEME:YG血統 | GENRE:ペット |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。